ダメージヘアの原因は、日頃の行いにあり!

髪はとってもデリケート。
シャンプーを変えただけでも変わりますし、ストレス急激な環境変化、そして間違った髪のお手入れなどですぐに傷んでしまいます。髪にダメージを与えてしまいやすい、そして日常的にやってしまいがちな事とは、調べてみると意外と身近にあることがわかります。

①パーマやカラー施術によるダメージ

パーマやカラーなどは、1回やるごとに相当なダメージを受けます。
それが定期的におこなっているとなると、髪はダメージを回復させる暇なく、その傷みを表面化させてしまう事になります。

しかも、そのやり方は化学薬品により髪を理想の形や色に変えていくもの。それは髪の中身を抜けやすくして、傷みやすい弱い状態へと変えていくのです。

最近のパーマやカラーの薬剤は、昔に比べればにおいも抑えられ刺激も弱いものとなっているようですが、それでも施術後のお手入れをおなざりすれば、髪は急激に傷んでいってしまいます。
これらのダメージを予防するには、パーマやカラーをかけた後はトリートメントなどでしっかりとケアするのがよいです。

②シャンプーとタオルドライによるダメージ

シャンプー自体が悪いということではなく、その後の扱い方が悪いと髪は急激にダメージを受けることとなります。

それというのも、髪は濡れると摩擦にとても弱くなるものですから、シャンプーをしっかりと泡立てて洗わないと毛先が傷んでしまうのです。
さらに、タオルでガシガシ拭いてしまう事で、さらに髪を痛めつけることに…。濡れた髪の扱いは丁寧にしなければ、いくら良いシャンプーを使っていても意味が無し。
しっかりと泡立てて洗い、タオルドライでは髪をポンポンと優しく水分を吸収するようにします。

③ブローによるダメージ

濡れた髪はダメージを受けやすい状態となっていますから、乾かさないでいると常にダメージを受けていることに。また、ドライヤーで乾かすようにするとしても、熱風の方向が違うと逆効果になるのだそうです。ドライヤーで乾かす際には、根元から毛先に向けて、指を通しながら乾かすことが大事だそうです。もちろん、優しく丁寧に。

④紫外線によるダメージ

紫外線の浴びすぎは大きなダメージとなります。 お肌だけでなく、髪にも大きなダメージを与えます。
紫外線を浴び続けることで、髪が乾燥し、ダメージを蓄積させていくのです。
特に紫外線が強烈な夏は、日傘や帽子などで髪を保護するようにしなければいけませんね。

他にも、エアコンなどの空調や、プールや海なども髪を痛めつける事になるそうです。
意外と接点が多いものばかりで、知らなければ髪を傷め続ける事に。
髪にダメージを蓄積させないためにも、これらの事にはよくよく注意をするようにしなければいけません。

ページの先頭へ