食事で皮脂の分泌量が変わる!?

頭皮の皮脂分泌が活発におこなわれると、べたついた嫌な感じになってしまい、髪がぺたりとくっついて、ちょっと見た目的にも不潔です。

皮脂というのは、頭皮にある毛穴から分泌されます。
その分泌量は、体の中にある中性脂肪などの脂肪によって違い、当然のごとく多ければ多いほど皮脂分泌量も増えていきます。

つまり、皮脂の元とは脂肪であり、脂肪の元は脂質や糖質の過剰摂取であるということ…なんですね。

ですから、普段から揚げ物や肉類などを好んで食べている人は、脂肪が体内に蓄積されやすくなっているので注意が必要です。

脂肪の蓄積が、頭皮の皮脂分泌も過剰にしているのですから。もちろん、ケーキなどの甘い食べ物も同様です。
糖質たっぷりの食事が、皮脂をたっぷりと排出させるのです。また、食事だけでなく、シャンプーのしすぎも頭皮を過剰分泌させることとなります。
必要な皮脂までも取り除いてしまい、それを補う為に皮脂が大量に排出されるようになるのです。

それを知らずに「あっ!またべたついている…」なんてゴシゴシ洗ってしまったら…まさに終わりのない無限ループのよう。
事態は悪化するばかりです。

そんな頭皮の過剰分泌を改善する方法としては、生活習慣の改善、つまりは健康的な生活がなによりのものとなるそうです。

また、シャンプーを変えてみるという方法も有効なのだとか!?
皮脂の過剰分泌が気になるのであれば、アミノ酸系シャンプーと呼ばれるものを選ぶのがよい改善策となっています。

アミノ酸は、人の体や内臓、皮膚、筋肉などを構成する大事な成分ですから、頭皮にも優しいシャンプー素材。
頭皮に必要な皮脂は適度に残し、潤いを保ちながら汚れだけを洗い流す。

しかも、シャンプーに含まれているアミノ酸が髪に浸透してダメージを改善させていくともいわれているのです。
皮脂の過剰分泌の悩みには、是非とも使いたいシャンプーです。

ページの先頭へ